町田市で屋根関連の補修工事は「べべホーム」にお任せください

町田市で屋根関連の補修工事はベベホームにお任せ

屋根関連の不具合があると、建物が劣化する可能性があるので注意が必要です。

 

屋根は10年に1度は点検し、メンテナンスすることをおすすめします。

 

以下のような症状が出た場合は、修繕・メンテナンスが必要です。

 

  • 屋根のひび割れ
  • 屋根の貫板の破損
  • 破風板・棟板金の釘浮き・釘抜け
  • 屋根の雨漏り
  • 瓦のずれ
  • 軒天の穴あき

 

町田市の屋根関連の補修工事は、小規模リフォーム専門店の「べべホーム」にお任せください。

 

損害賠償保険・業務災害保険にも加入しており、トラブル発生時の対応も可能です。

 

屋根関連の補修工事の料金の目安は、以下のようになっています。

 

屋根のひび割れ補修 12,000円〜
屋根の貫板(ぬきいた)補修 12,000〜100,000円
破風板・棟板金の交換 12,000円〜

屋根(破風板・棟板金)の
釘浮き・釘抜け補修

12,000〜30,000円
屋根の雨漏り補修 12,000円〜
瓦のずれ修繕 12,000円前後
軒天の穴あき修理 12,000円〜
屋根の雨漏り応急処置・補修 12,000円〜
屋根の防水工事 12,000円〜

 

屋根関連の補修は応急処置、部分補修、交換など、予算や状態に応じた対応が可能です。

 

現地調査によるお見積りは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

\ ベベホームへのお問い合わせはこちらです /

 

電話でお問い合わせ

お客様専用メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

 


屋根のひび割れ補修

ひび割れした屋根

屋根のひび割れを放置するのは危険です。屋根のひび割れが割れると、以下のようなリスクがあります。

 

  • 上から破片が落ちる
  • 雨桶に破片が詰まって不具合を生じる
  • 雨漏りの原因になる

 

小さなひび割れを放置すると、悪化し、大きな破損につながります。ひび割れの原因や状態に応じ、対処法が異なります。
外部刺激が原因の場合は、補修もしくは部分交換を行います。

 

なお、台風などが原因で屋根が割れた場合は、火災保険の適用となるケースがあります。
一方、経年劣化が原因の場合は、補修に加え、塗装を行います。

 

ベベホームでは、屋根のひび割れ補修を12,000円〜現状判断で施工方法を相談いたします。


屋根の貫板(ぬきいた)補修

貫板のメンテナンスをしたい屋根

貫板は、通常、棟板金で覆われています。棟板金のつなぎ目などから雨水などが入ると、貫板の劣化の原因になります。

 

貫板をメンテナンスの際は、棟板金を外す必要があります。木製の貫板は劣化しやすいので、プラスチック樹脂製のものを選ぶのも手段です。

 

台風などの自然災害が原因で棟板金が剥がれて貫板に不具合が発生した場合は、火災保険の適用となることもあります。

 

べべホームでは、屋根の貫板補修は12,000〜100,000円で行っています。


破風板・棟板金の交換

修理が必要な破風板

破風板・棟板金が強風などの被害を受け、飛ぶケースがあります。放置していると危険なので、早めの対処が必要です。

 

破風板の修理方法は以下が挙げられます。

 

  • 塗装
  • .金属板金巻き
  • 破風板交換

 

耐久性や防水効果を高めるには、塗装がおすすめです。金属板金巻きは、既存の破風板を保護する方法で、一般的によく使用されています。

 

なお、破風板・棟板金の劣化が進んでいる場合は、交換が必要です。

 

台風などの被害により破風板・棟板金の交換が必要となった場合、火災保険が適用される場合があります。

 

べべホームでは、火災保険の適用となるか調査するとともに、破風板・棟板金の交換を12,000円〜現状判断で相談いたします。


屋根(破風板・棟板金)の釘浮き・釘抜け補修

棟板金の修理が必要な屋根

棟板金は、強風などの影響で釘浮きを起こす可能性があります。

 

通常、棟板金を固定するため、貫板があります。貫板が劣化すると、釘浮き・釘抜けの原因になります。

 

修繕方法は、棟板金・破風板の状態によっても異なります。現場を確認し、状態に応じた補修を行う必要があります。

 

べべホームでは、屋根(破風板・棟板金)の釘浮き・釘抜け補修を12,000〜30,000円とリーズナブルな価格で行っています。


瓦のずれ修繕

瓦がずれた屋根

台風などの被害により、瓦がずれるケースがあります。瓦のずれを放置していると、雨漏りや腐食の原因になります。

 

なお、瓦がずれている場合、内部も被害を受けている可能性があるので、業者に点検依頼することをおすすめします。

 

もし、自然災害が原因で瓦がずれた場合、火災保険の適用となります。火災保険適用の有無は、経年劣化との見極めが必要です。

 

べべホームは火災保険の利用の可否を調査いたします。また、瓦のずれ修繕を12,000円前後で行っています。


軒天の穴あき修理

補修が必要な穴があいた軒天

軒天に穴があいている場合は、早めの修理が必要です。

 

軒天に穴があいていると以下のようなリスクがあります。

 

  • 小動物のすみかになる
  • ダニなどの発生の原因になる
  • 雨漏りが発生する

 

軒天に穴があいている場合、周辺も傷んでいる可能性があるので、確認が必要です。
また、放置していると、劣化が進行するので注意しましょう。

 

軒天に穴の補修に関しては、状態に応じて以下の方法があります。

 

  • 塗装
  • 重ね張り(軒天カバー)
  • 張替え

 

べべホームでは、軒天の穴あき修理は12,000円〜現状判断で施工方法を相談いたします。


屋根の雨漏り応急処置・補修

雨漏りの応急処置をした屋根

屋根の雨漏りが発生している場合、屋根の張り替えなど大規模な修繕が必要になるケースもあります。

 

そのため、業者選びなどの時間も必要になるので、すぐに修繕できないケースがあるでしょう。

 

その場合、一旦応急処置をすることもあります。応急処置の方法は以下が挙げられます。

 

  • ビニールシートを被せる
  • 防水テープを使用する
  • バケツなどで被害を防ぐ

 

ビニールシートは広範囲にかぶせると、雨漏りを防ぎやすいです。ただし、ビニールシートを被せたままの状態では、カビ発生の原因があるので注意が必要です。

 

雨漏りの箇所が特定できる場合、防水テープの利用も有用です。なお、室内に雨水が漏れている場合は、床の被害を防ぐため、バケツなどで応急処置をしましょう。

 

べべホームでは、屋根の雨漏りの応急処置・補修に関し、12,000円〜現状判断で施工方法を相談いたします。


屋根の防水工事

防水工事が必要な屋根

屋根の防水工事は10年に1度程度は行うのがおすすめです。
屋根の防水工事には以下のような効果があります。

 

  • 建物の劣化を防げる
  • 屋根の見栄えが良くなる

 

屋根の防水工事をすることで、雨水が内部に侵入するのを防ぐことができます。
屋根の防水には、以下のような種類があります。

 

  • シート防水
  • FRP防水
  • ウレタン防水

 

それぞれ費用が異なるので、見積もり金額に応じて決めるのが良いでしょう。

 

べべホームでは、屋根の防水工事に関し、12,000円〜現状判断で施工方法を相談いたします。


町田市の屋根関連の補修工事は「ベベホーム」にご相談ください

町田市での屋根関連の補修工事は、「ベベホーム」にお任せください。
地域密着の個人リフォーム店ならではのリーズナブルな料金でメンテナンスします。

 

緊急を要する応急処置などにも対応しています。お見積りは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

\ ベベホームへのお問い合わせはこちらです /

 

電話でお問い合わせ

お客様専用メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

電話でお問い合わせ お客様専用メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ